冬の王様食材〜ふぐ料理



一年を通して美味しい食材に恵まれている日間賀島ですが、
冬の味覚の代表と言えば、とらふぐです。
日間賀島近海の三河湾遠州灘は、日本有数のとらふぐ漁場なのです。
旬を迎え、脂がのったとらふぐは、
まさに「ふぐに越すものなし」の格言通り。
独自の旨みと食感を、たっぷりご堪能ください。

透き通るような美しいふぐ刺し
-てっさ-
てっさ

「てっさ」とはふぐのお刺身のことです。
透き通るほど薄く切られた半透明のてっさを、一枚一枚丁寧にお皿に重ね合わせて菊盛りにし、大きな一輪の菊の花をてっさで咲かせます。
目と舌で楽しめる自慢のてっさをご賞味ください。

てっさ
肉厚たっぷり!食べてお肌ぷるぷるのふぐ鍋
 -てっちり-
てっちり

脂が少なく淡泊な味わいなので、鍋にしても飽きがきません。また、骨や皮には、女性には大変嬉しいコラーゲンがたっぷり!
鍋の締めは、やっぱりふぐの旨みが凝縮された出汁で作った「ふぐ雑炊」。
身も心もほっこり大満足です。

てっちり